包茎手術の費用や料金プランはクリニックによって異なる!相場や支払い方法まとめ

包茎で悩んでいる男性は他人に相談できることではないので、悩んでいることをうちに秘めている人が多いです。それを解消する包茎手術は様々な費用や料金プランがあり、クリニックによっては大きく異なっています。その中で自分の予算に合わせて、計画的に包茎手術を行えばさらに悩みを快適に解決することができます。

あらかじめ相場やどのような支払い方法ができるのかを知っておくことで、計画的に予算を立てることができます。包茎手術を行うにあたって費用や料金プランを、まとめることで簡単に調べることが可能なので、良いプランを見つけて賢く包茎手術を行うようにします。

包茎手術の相場はどのくらいか

包茎手術にはその症状に合わせて色々な方法がありますが、真性包茎やカントン包茎の場合は健康保険適用となっています。この場合は総額で5〜8万円ほどで手術が可能ですが、仮性包茎の場合は健康保険が適用とはならないので実費で支払うことになります。このように病院で手術をすると健康保険が適用されることで、安く包茎手術をうけることができますが、実際に利用している人は少ないです。

特に泌尿器科の場合は技術や知識的にも高い手術を受けることができますが、プライバシーの配慮に欠けたり入院をする必要があることが言えます。女性の看護師も手術に携わることもありますし、機能面にはこだわりますが美容面にはこだわらないこともあります。一般的な泌尿器科の場合は包茎の状態に関わらず10〜15万円くらいで手術を受けることができ、美容クリニックの場合は60〜150万円ほどになります。

高いところであれば300万〜400万円がかかることもあり、男性専門のクリニックであれば22〜30万円くらいで手術を行えます。泌尿器科や美容クリニックなどの選ぶクリニックによって相場が変わってきますが、美容面を重視する場合は比較的高くなる傾向があります。

おススメホームページ
カントン包茎の手術を専門クリニックでとお考えならまずはご相談ください
●●メンズサポートクリニック●●
無料電話相談:0120-76-6800

包茎手術の料金プランはどのようなものがあるのか

包茎手術を行うにあたって様々なプランがあり、自分に合った方法で状態を改善することができます。美容外科や専門クリニックではヒアルロン酸などの異物を、患部に注入する方法がよく用いられています。

この方法が500万円くらいの請求をされることもあり、比較的高い料金プランになっています。診察や再診を行う場合、初診料は5000円で再診料は2000円ほどかかることがあります。また自由診療として美容的にも優れている手術を行う場合は、それぞれ手術費用に含まれていることが多いです。

手術を行う前には安全を確保するために、生活習慣病などの病気があるかどうかを検査することもあります。この検査費用が加算されることがあり、最高1万円ほどになりますが、必要不可欠な検診となっています。大きなクリニックで手術を行うと、1週間くらいの入院が必要になり、手術費用とは別で入院費用が加算されます。

自由診療で行う場合は保険は適用されないので、全て実費で支払うことになっています。また麻酔代は手術費用に含まれていることが多いですが、病院によって別途請求することもあるので5000円くらい必要になります。診察費や薬代を含めると2000円くらいで、再手術を受けるときは3〜5万円ほど必要になっています。

包茎手術の支払い方法はどのようなものがあるのか

包茎手術を行うにあたって高額になると、どのような支払い方法があるのかが大切になりますが、クリニックによって大きく違うのが現状です。現金はもちろんのこと、クレジットカードや医療ローンが使えますし、ローンを使う時には審査が必要となっています。その場合は運転免許証や保険証やパスポートなどの身分証明書が必要になり、通帳の登録員やキャッシュカードなどを持参することになります。医療ローンは5〜10%くらいの金利がつくので、計画性を持ちながら返済プランを考えることにします。

包茎手術をするにあたって費用が安いということでクリニックを選ぶのではなく、どのような手術をするかで選ぶ方が良いです。現金で支払うことで利息などの問題は解消できますが、包茎手術は高いのでクレジットカードや医療ローンを使用したい人もいます。

クレジットカードの場合、分割支払いにするとそこに利息がかかってきますが、一括で支払える場合はポイントが加算されたりなどのメリットがあります。現金で一括で支払う人の中には、クレジットカードを通して支払うことでさらにお得に利用することができます。このように自分に合った支払い方法で、快適に包茎手術を受けることが大切です。

まとめ

包茎手術は泌尿器科や美容クリニックで行えますが、それぞれ費用が異なることがわかります。泌尿器科は健康保険が適用されるケースもありやすいですが、美容面を重視しないので自分の気に入った仕上がりになるかどうかはわからないのが特徴です。

美容クリニックで包茎手術を行う場合は、仕上がりの造形にこだわりますが、その反面費用が高いところがあります。このようにそれぞれ相場や料金プランを確認しながら、理想的な造形に近づけるようにしていきます。支払いが難しいときはクレジットカードや、医療ローンなどを使いながら包茎手術を受けることができます。