包茎手術にかかった費用はクレジットカード支払いができる?

支払い方法は手術の内容次第

包茎手術と言っても、状態によって手術内容も異なってきますし、手術に求めることでも選択肢は多くあり、支払い方法も変わってきます。実は保険適用になる症状が決まっていて、それに該当する場合で、包茎手術の方式も保険適用の範囲と限定すれば、保険負担の費用だけで済みます。保険を利用する場合は、他の病気の時と同様に料金の支払いは現金だけです。
しかし、保険適用外の状態だったり、保険の範囲を超えて質を高めた包茎手術にするには、自由診療になりますので費用は自費負担です。この場合はクリニックによって料金は異なるので、保険適用よりは高い費用の負担になります。自由診療だと支払い方法は法律で決まっていないので、クリニックが設定しますので現金以外も対応していることがほとんどです。その1つにクレジットカードを利用しての支払いがあります。包茎手術は自由診療でクリニックが対応している場合は、費用の支払いの幅が広がります。

カード決済の前に確認しておくポイント

自由診療の包茎手術代金は、クレジットカードで支払い出来ることが多いです。とは言っても、全国の全部のクリニックが対応しているとは限りません。クレジットカードで決済するには、カード会社と提携しなくてはなりませんので、その契約があることが必須条件です。しかも、使えるカードのブランドもチェックする必要があります。自分が持っているブランドが利用可能か、クリニックごとに違います。
加えて、クレジットカードに対応しているとしても、自分が使えるかは別問題です。例えば包茎手術の費用が、クレジットカードの利用可能額を超えていては使えません。例えばクレジットカードのショッピング枠が10万円なのに、包茎手術の費用が12万だとカードの承認がおりません。支払いの際には、まずはクリニックがクレジットカードに対応しているかを確認して、次は自分の持っているカードブランドが利用できるかもチェックします。さらに自分のカードの状況も調べておくと確実です。

まとめ

自由診療だとまとまった金額が必要になる可能性もでてきます。そこで頼りになるのがクレジットカードでの支払いです。クリニックによって使える場合と使えない場合があるので、利用できるブランドも含めて事前に情報収集しておくようにしましょう。また、自分のカードの利用可能の上限も把握しておく必要があります。全部が揃って、クレジットカードでの決済が可能になりますので、クリニック内で慌てないためにも事前にチェックしておくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です