料金相場」カテゴリーアーカイブ

包茎手術の費用や料金の相談は無料カウンセリングが便利

保険適用できる場合もある

男性の悩みを解消する包茎手術は多くの医療機関で行われています。入院の必要もなく、一回の施術で長年の悩みが解消できることが期待できますが、包茎手術の費用はどれぐらい掛かるのかと心配している人もあるのではないでしょうか。まず、包茎手術は保険適用できる場合と自由診療になる場合があります。真性包茎と判断された場合は、保険適用の治療となり、費用もかなり安くなります。少しでも費用を抑えたいという人は、まずは診察を受けてみましょう。
包茎手術は、より見た目の良さを重視するのであれば自由診療を選ぶこともできます。この場合は、料金も自費で支払うことになりますので、それなりの費用が発生するということは理解しておきましょう。選ぶ治療方法によっても料金は変わってきますし、同じような治療内容でも、クリニックごとに費用は変わってきます。まずは、各クリニックの公式サイトなどを参考に包茎手術の料金を比較してみることがおすすめです。

無料カウンセリングを利用しよう

包茎手術に対応している多くのクリニックでは、無料カウンセリングが用意されています。無料カウンセリングを利用すると、どのような治療が向いているのか提案してもらうことができますし、治療内容や費用についての詳しい説明を受けることもできます。症状は人によって違いがありますし、オプションを付けるとそれだけ多くの費用も発生します。無料カウンセリングでは、具体的な費用を知ることができますので、より安心して治療に進むことができます。
料金に納得できない場合は、別のクリニックの無料カウンセリングを利用することで、相場や適正価格を知ることができます。自由診療の治療では、費用が高くなることもありますが、多くのクリニックでは医療ローンや分割払いなど、無理のない支払方法が用意されています。現金で一括払いが難しいという人は、カウンセリングの際にどんな支払い方法が用意されているのかも確認しておくことがおすすめです。

まとめ

包茎手術を受けることで、多くの男性が悩みを解消していますが、費用が気になるという人も少なくありません。症状は人により違いがあり、保険適用の治療を選ぶ人もあれば、自由診療を選ぶ人もいます。クリニックごとに治療費は違いますが、無料カウンセリングを利用すれば、具体的な治療費や支払い方法を知ることができます。金額に納得できない場合は、すぐに申し込みをせずに、別のクリニックでも無料カウンセリングを利用することがおすすめです。

包茎手術の費用に悩んだらメディカルローンの検討を

自由診療だと満足度も治療費も高くなる

包茎手術には大きく分けて、健康的な機能に支障が生じる場合に適応される保険治療と、見た目も含めて治療する自由診療の2通りがあります。保険診療だと3割負担で済みますが、自由診療だと全額自分で負担することになります。良心的なクリニックが増えていますので、不必要に高額と言うことはありませんが、ある程度まとまった費用がかかってしまいます。その料金がネックになって、早く改善したいのに包茎手術を受けずに迷っている方も多いです。
そこで費用の負担を少しでも軽減できる方法を検討することが大切です。包茎手術の自由診療の料金を分割できれば、包茎手術はすぐに受けられて支払いは無理なく行うことが可能です。しかも分割に出来れば、日々の生活費用もしっかりと確保できますから、包茎手術で心も軽くなり、毎日の生活も充実して過ごせませす。分割の方法として注目なのがメディカルローンです。うまく活用すれば費用の心配もなくなります。

利用の手順はまずは扱っているかの確認から

分割払いができるメディカルローンですが、いつでもどこでも利用できるわけではありません。というのも、ローンはクリニックではなく、信販会社が提供しているサービスです。信販会社とクリニックが加盟店契約していないと扱っていないので、患者が希望しても利用できません。そこで、まずは包茎手術の相談の前にメディカルローンを扱っているかをチェックしておきましょう。もし、扱っているならホームページに載せていることも多いですし、心配ならメールや電話で先に確認することもできます。
扱っているとしても、実際に利用するには審査をパスする必要があります。費用の立替を信販会社がするので、本当に返済できるのかは審査されますので、契約書に個人情報や勤務先情報などを記入しなくてはなりませんし、審査後に契約内容の確認のやり取りをしなくてはなりません。これがすべて問題なくて、初めてローンを組むことができるのです。包茎手術とは契約書には書かれないので、そのあたりの配慮は不安に思うことはありません。分割の回数はクリニックのローンによって異なりますが、月々の支払い金額で無理のない範囲で決めると良いでしょう。

まとめ

包茎手術は自由診療になると仕上がりが丁寧で、医師のスキルも高いですから痛みも残りにくいです。その反面、保険が適用されないので費用の負担も気になります。そんなときにはメディカルローンが心強い味方になってくれますので、金額だけを見て諦めることはありません。ローンをうまく活用することで、支払いの負担も最小限にとどめつつ、体の不安も早期に解決できます。メディカルローンには審査が必要ですが、難しくて時間のかかるものではありません。

包茎手術にかかった費用はクレジットカード支払いができる?

支払い方法は手術の内容次第

包茎手術と言っても、状態によって手術内容も異なってきますし、手術に求めることでも選択肢は多くあり、支払い方法も変わってきます。実は保険適用になる症状が決まっていて、それに該当する場合で、包茎手術の方式も保険適用の範囲と限定すれば、保険負担の費用だけで済みます。保険を利用する場合は、他の病気の時と同様に料金の支払いは現金だけです。
しかし、保険適用外の状態だったり、保険の範囲を超えて質を高めた包茎手術にするには、自由診療になりますので費用は自費負担です。この場合はクリニックによって料金は異なるので、保険適用よりは高い費用の負担になります。自由診療だと支払い方法は法律で決まっていないので、クリニックが設定しますので現金以外も対応していることがほとんどです。その1つにクレジットカードを利用しての支払いがあります。包茎手術は自由診療でクリニックが対応している場合は、費用の支払いの幅が広がります。

カード決済の前に確認しておくポイント

自由診療の包茎手術代金は、クレジットカードで支払い出来ることが多いです。とは言っても、全国の全部のクリニックが対応しているとは限りません。クレジットカードで決済するには、カード会社と提携しなくてはなりませんので、その契約があることが必須条件です。しかも、使えるカードのブランドもチェックする必要があります。自分が持っているブランドが利用可能か、クリニックごとに違います。
加えて、クレジットカードに対応しているとしても、自分が使えるかは別問題です。例えば包茎手術の費用が、クレジットカードの利用可能額を超えていては使えません。例えばクレジットカードのショッピング枠が10万円なのに、包茎手術の費用が12万だとカードの承認がおりません。支払いの際には、まずはクリニックがクレジットカードに対応しているかを確認して、次は自分の持っているカードブランドが利用できるかもチェックします。さらに自分のカードの状況も調べておくと確実です。

まとめ

自由診療だとまとまった金額が必要になる可能性もでてきます。そこで頼りになるのがクレジットカードでの支払いです。クリニックによって使える場合と使えない場合があるので、利用できるブランドも含めて事前に情報収集しておくようにしましょう。また、自分のカードの利用可能の上限も把握しておく必要があります。全部が揃って、クレジットカードでの決済が可能になりますので、クリニック内で慌てないためにも事前にチェックしておくのがおすすめです。

包茎手術にかかる費用・料金相場を術式ごとに解説

包茎の種類と対策とは

包茎には真性と仮性、カントンの3種類があります。
真性はペニスに常に包皮が被っている状態で、亀頭と皮に癒着があるため皮をめくることができません。
常に包皮で亀頭が覆われていますから、亀頭の成長が阻害されてしまうため、手術が望ましい包茎の種類といえます。

仮性は平常時は包皮が被っていますが、手でめくることができますし、勃起をすると自然と亀頭が露出します。このタイプは最も多い包茎の種類で、平常時には包皮に覆われているため、不衛生になりやすいため、日頃のケアが必要となります。

カントン包茎はなんとか亀頭を露出させることはできますが、無理に剥いているため痛くて元に戻せなくなる場合があります。このタイプは赤クスをすると包皮の部分が裂けてしまい傷口から菌が侵入する可能性もあります。
このように一口で包茎といってもいくつかの種類があり、それぞれケアや対処法も異なりますから、十分理解することが大事です。

包茎手術にかかる費用や料金相場

日本人には包茎が多く、自分だけではないという思いから包茎手術は必要ないと思っている男性も少なくありませんが、包皮の内側が常に湿っていますから、アカがたまり雑菌やウイルス、クラミジアが増殖しやすくなっています。
そのため尿道炎や亀頭包皮炎、膀胱炎などさまざまな病気にかかりやすく、パートナーに感染させてしまうリスクも高まってしまいます。

包茎手術には環状切開法や亀頭直下法、根元法などいくつかの種類があります。
環状切開法は最も一般的な包茎手術で、ペニスの余っている包皮を中央で切除していきます。物理的に皮を取り除いていきますから症状は改善しますが、傷跡ができてしまうというデメリットがあります。
亀頭直下法や根元法は、傷跡が目立ちにくいので人気の包茎手術となっています。
費用は亀頭直下法は約8万円、根元切除法は10万円、先端切開法は10万円というのが一般的ですが、もともとの状態やクリニックによっても異なりますから、事前に調べておくとよいでしょう。

まとめ

包茎手術の中でも環状切開は保険で行うことができますが、傷跡が中央に残ってしまいます。手術費用を抑えたい、包茎を治すだけで十分だと思っているのであれば問題ありませんが、なるべく傷跡は目立たせたくないのであればほかの方法を選択した方がよいでしょう。
包茎手術の費用はクリニックによっても大きく異なりますし、真性や仮性などでも料金は変わってきます。
そのため手術を受ける場合には、事前に手術費用の相場を調べ、十分納得した上で行うことが大事です。